FC2ブログ
なかなか明けない夜 ホーム »家族
カテゴリー「家族」の記事一覧

母親の反応  

きのうの朝、仕事に行く前の母親が
「ぜんぜん洗濯ができない」
みたいなことをボヤいてたので、
お昼ごろに洗濯。洗濯機を2回まわした。

朝ごはんの食器を洗って、
洗濯物をほして……。
母が帰ってきてから夕飯の支度も
すこし手伝った。

それでも、海外にいる父からの電話で
母は私のことを
「ずっと寝ていて、ずっと不機嫌です」
って報告した。

そんな一言に集約されちゃうなんてね。
やりきれないわ。



臨時通院のことを、
あんまり話したくなかったけど
母にもサラッと話しておいた。
薬が増えたことは言っておくべきかなって。

母は、薬が増えたことに何だか不満そう。
減薬してほしいくらいだものね。
あいにくあなたの娘はそんなに快くなってないよ。
むしろ今は悪くなってるんだよ。
伝えないけど、お医者さんは
「よく仕事に行けているね。不思議なくらいだ。」
って言っているんだよ。

6月に調子が悪くなることについて、
母は「急に暑くなってきたからね」。
いやいやそういうことじゃない。
「季節の変わり目だからね」。
そうじゃないんだってば。

うちの母ってこんなに頭悪かったっけ?
って思っちゃった。
(母はものすごく勉強ができる人で、
今も大学教授として働いているけど)

私が「梅雨時はふつうの人でも
体調が悪くなったりするでしょう?」
って言ったら、
「忙しいからわからない!」
って自分のことを主張して終わり。

もう会話する気になれない。


母のことは好きだし感謝してるけど、
部分的に大嫌い。

精神的に距離をおきたい。


ランキングに参加してます
クリックしてください☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

スポンサーサイト



category: 家族

tb: 0   cm: 2

ちょっと早い父の日  

きのうまで2連休で、きょうは2時からのシフト。
あしたからまた2連休。

怒涛の5連勤とギャップがありすぎて気が抜けます。



きのうは一時帰国してる父とランチ、お買いものでした。

日本にいるうちに父の日前倒しのプレゼントをあげたいって、
父に話してて。
ほんとはデパートでワイシャツを買ってあげたかったんだけど、
たまたま入ったユニクロで父が気に入ったシャツがあって。
2着プレゼントすることにしました。
なかなか可愛い色の2着です。
60代のオジサンが着ても大丈夫な「可愛い」だけど。

父にプレゼントを買うなんてほとんど初めてで、
それもあって予算15000円くらいって考えてたんだけど、
三分の一の予算で2着。ずいぶん安く済んじゃった……。
まぁいいか、すごく喜んでくれたし。
きょうさっそくルンルン着てたし。


買いものからの帰り道に父が
「お昼ごはん付き合ってくれてありがとう」って。
えーっ、お金出してくれて、さらにその言葉を言う?!
いい人すぎる。うちの父だけど。


父にもっと何かしてあげたいなー。


孫……?

それは気長に待ってね、お父さーん。


ランキングに参加してます
クリックしてください☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

category: 家族

tb: 0   cm: 4

私が病気じゃなかったら  

両親はもっと豊かに暮らせていただろうな、と思う。


両親の気持ち的なことについては
私がまだ「子ども」だから想像しきれないところがあるけど、
少なくとも経済的に、もっと豊かだったはず。

32歳になってもなお持ってもらっている病院代や生活費だけじゃなくて、
中学や高校のときにつけてもらった家庭教師(塾に通えなかったので)の費用や、
すぐに行かなくなってしまった大検サポートスクールの費用などなど、
これまでにも人並み以上にお金がかかってしまっている。


そんなことを言って「うえーん」って泣いたことがある。

父は「そんなことないよ」って笑って言ってくれた。

父のすごいところは、本当に「そんなことない」と思ってるところだ。
父には深い深い優しさと、家族をひたすら大事に思う気持ちがあるのだ。
それが今までいっしょにいる中で充分に伝わってきた。


母はまあ、
「なんで60代の私がこんなに働いて、30代のあんたを養わなきゃならないの」
とか言うから、まだいい。
(こういうことを言われると殺すか死ぬかしたくなるけど)


父は強いのかな。強いから優しいのかな。


父からの電話をきっかけに、
ちょっと感傷的になってしまったかもしれない私です。



ランキングに参加してます
クリックしてください☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


category: 家族

tb: 0   cm: 4

父からの電話  

父はいま、海外でボランティアをしている。
一昨年の秋から行っていて、一時帰国を一度したけど、
もう一年半くらい一緒には暮らしていない感じ。

その父から昨夜電話があった。
母には毎晩電話があるんだけど、
私は電話が好きじゃないのと、何となく照れくさくなっちゃうのとで、
いつもは電話に出ない。
昨夜は母が家の電話をずっと使っていたから、
父が私の携帯にかけてきた。

ひと月ぶりくらいかな、父と話すのは。
相変わらずの穏やかマンである。
家族思いの父は、母が忙しそうなのを気にしてる。
あんまり母がまいってるようなら一時帰国しようかというのだ。
「たしかに疲れてるみたいだけど、お父さんが帰ってくるとお母さん張り切るから、
かえって疲れるかもよ」と私。
さらに「お父さんが帰ってきたら□□(犬)は喜ぶけどね」と言ったら、
「□□(私)は喜んでくれないの?」。
……よ、喜ぶよっ。(父親にツンデレ気味な変な私)

家族思いの父は私のことも心配する。
「お仕事は週何回くらい?」
「週4から5」
「たくさん行ってるね。疲れないか?」
私の病気のことも性格も全部わかって出てくる「疲れないか?」は優しい。
そんなふうに気にかけてくれる人がいれば私は大丈夫だ。

照れてないで、父からの電話にももう少し出よう。
気持ちがほぐれる。

ほんとうに一時帰国するのかな?
どっちにしてもこの9月には帰ってくるんだけど。

私の精神安定剤よ、早く日本へ帰ってこい!



ランキングに参加してます
クリックしてください☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


category: 家族

tb: 0   cm: 0

落ち着きがないひと  

きょうは15時からのシフトで、ちょっとのんびりしています。

が、母がバタバタと落ち着きません。


母は家族のなかでいちばん仕事が忙しい人なんですが、
(私はバイト、父は海外で定年後のボランティア中です)
忙しいのが好きというか、“忙しがる”人です。

自分がいかに忙しくて時間がないかということを、
誰にもかれにもいつでもアピールしています。


先ほども、PCを買い替えるということで、
新しいPCのセッティングについて電気屋さんに電話していたんですが、
(その前にひとしきり「プロに頼めば時間の短縮になる。
お父さんにやってもらってたときは横にずっといなくちゃならなくて
時間がかかってしょうがなかった」と悪態をついてから。)
「時間は? 時間はどれくらいかかりますか?!」って強調してて。
私は時間がない人なのよ、ってアピールしてるわけです。


電気屋さんへの電話をかけ終わったあと、玄関チャイムが鳴って、
新聞の集金だとわかると「この忙しいのに!」って態度です。


今は趣味のピアノを響き渡らせていて、
ちょっとした騒音オバサンです。
母のピアノは独りよがりでバンバン叩くだけなので、
聴いていても心地よさが全くなく、耳障りです。


この落ち着きのなさ、なんだかうっとうしいです。
私の心まで落ち着かなくしてくれます。
すべての物事を静かにこなしていただきたいです。

本当にそんなに忙しいのか??
まあ忙しいんでしょうけど。みんなそれぞれ忙しいですよね。
母はそうは思ってないようです。



ランキングに参加してます
クリックしてください☆
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


category: 家族

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

メールフォーム

▲ Pagetop